« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

行き倒れ

Img_0570 ←カラの皿を前にして
  行き倒れている

空腹のあまり動けません!って
こんなアピールするするか?

| | コメント (0)

新「猫人形」制作19

どちらを選ぶか?

・石膏を割って原型を出して、最初からやる←時間ないし、面倒だ!
・いやいや、原型をダメにして、石膏型を生かす←これ、いいんじゃない?

石膏型が使えるから、原型を壊す!

宣言したら、先生の制止
ダメもとで・・・
本来、分割させるところに、のこぎりで切れ目をいれ
木槌コーン!
バカッ
っと割れた。←大成功

割らずに原型ギリギリまで切れ目を入れたらいいのでは?と思ったら
刃の厚みがあるから、切るとスキマが出来るので、わざと割る。とのこと

こうしてちょうどいい具合に割れ、原型もはずれ型も使える。良かったと安心すると
まだ片方の脚が残ってる。

先生の真似をして残りの脚も、無事に石膏型が出来ました。

このように悪戦苦闘しながら、石膏の型取りをしました。
猫頭など8パーツ
時間は丸2日、使用石膏10kgくらい

石膏って、大変だー

| | コメント (0)

2006年6月29日 (木)

愛が足りない

Img_0572 もう少しで、ハートマークが完成したのに

残念!カップル不成立

愛が足りないんじゃない?

| | コメント (0)

新「猫人形」制作18

私の頭を占めてたのは
人形教室の時間内に終わるかしら?
アセリがあったせいか3分割を2分割に省略しちまっただよ←誰だよ、お前

手順を間違えたので、後脚が石膏からはずれない
分割線が数ミリずれるだけで、原型がはずれない場合もある。
そう言われていたけど、数ミリどころではない・・・

石膏が固まる前なら洗い流して、やり直しする
(石膏を流す前に石膏部分にワックスを忘れて、やり直しする人はたくさんいる)
しかし
完全に固まっている

・石膏を割って原型を出して、最初からやる
・いやいや、原型をダメにして、石膏型を生かす

私には、2者選択が待っていた・・・
うわー、どちらを選べばいいんだー

| | コメント (0)

2006年6月28日 (水)

は!げ?

Img_0528 はっ!これは・・・

右腕に、ハゲ!
え、円形脱毛症というヤツではないか?

集中的にストレス軽減マッサージをしてるけど
それがストレスだったらどうしよう?

| | コメント (0)

新「猫人形」制作17

060624_1346001 猫頭の型取りが、(3時間以上かかりながら)終わり
残り、胴体・尾・前腕・後脚

一つで3時間以上かかった!全部終わるのはいつ?

と、びびってたら後脚を抜かし、2分割だから、そんなに時間かからない、とのコト。

後脚は複雑だから、L形に一ヶ所、脚裏で一ヶ所、残りで計3分割する。
と事前に計画したのに、間違えました(笑)

猫頭でやったようにして、L形で石膏取った。
次に2回に分ける所、1回にしてしまった

あ~ら大変。つづきは今度ね・・・

| | コメント (0)

2006年6月27日 (火)

Img_0558 母が拾ってきた野生な香りのする

獣くさいので「ラ○クス」で洗い、スーパーリッチになるかと
期待して窓辺で干してみた

↑何で上で寝てるかな!

| | コメント (0)

黒髪地獄

画材を買いに行ったら、額縁の大安売りをやっていた。
最近、マイフォトに変化ないし、ここらで新作を発表するか
と、軽い気持ちで額縁購入

これが、地獄のはじまりだった・・・

私は長くてクセのないサラサラの黒髪が好きです
誰が何と言おうと、好きなんだー!という想いを込めて
額に入る作品の髪を貼って、もう何日?
ずっと貼ってる。延々と貼ってる。いつまでたっても空間が埋まらない。
しまいに、夢の中でも貼ってた。(うなされてる・・・)

いくら好きでも、もう当分みたくない。

060623_1556001と、思っていたら母が「コレ、あげる」

なんでも、私が毎日、髪を貼っている姿を見て、使えるんじゃないかと、わざわざ拾ってきたらしい。

疲労で思考能力の落ちている私。
深く考えずにもらったものの、拾ってきたって、落ちているモノなのか?

| | コメント (0)

2006年6月26日 (月)

4倍

Img_0543 猫が4匹いると、何もかも4倍

楽しさ4倍×うれしさ4倍

←食費も4倍・・・

| | コメント (0)

新「猫人形」制作16

石膏が固まるまで約10分
(水が多いと、もっと時間がかかる)

固まったら、残り半分に移る。
クランプ・板・油粘土を除き、ひっくり返し、固まったばかりの石膏に、丸刃で何個か穴を掘っておく。(合わせ面がズレないようにね)
次に、石膏部分にワックスを塗る←忘れると石膏同士がくっついて大変

終わったら、回りを板で囲んでクランプで止める。
そして、石膏の必要量を計算し、石膏を水で溶いて残り半分を流し込み。

060617_1721001 これで、石膏が固まれば完成!と思ったら
関節の受け部分がまだ・・・

関節の受け部分の型取り
円錐状の油粘土(串で支えてる)を突っ込んでます

←半分づつ石膏を流して、立方体の形に
円形部分は、受け部分

猫頭の型取り3回に分けて石膏を流し込み費やした時間も3時間以上!
石膏の型取りって、時間も手間もかかって、大変・・・

| | コメント (0)

2006年6月25日 (日)

えっと・・・

6/7で止まったままのミニ人形制作        

Img_0317誰か言ってくるまでほっとくか、と思っていたら
誰も言ってくれない・・・

←悲しいので、フテ寝する
(寝てないで、人形つくれって?)

| | コメント (0)

新「猫人形」制作15

ようやく石膏の流し込み

まず必要量を計算  たて×よこ×高さ-猫頭

高さ粘土から猫頭の上、1cm位というが、板で回り囲んでるし測りにくい!
7.5cmかな?なら8cmに・・・
何だかんだ言って、石膏が足りない事態を避けるのに、多めに作った方が良いのだそうです。
猫頭060624_1538002の体積は、分からんがな?と思ってたら、こんなじゃない、と先生が計算
(結局、先生に計算してもらっている。感謝)

ボウル(プラスチックだと石膏が付かなくて後片付が楽)に必要量の水を入れて、ひたひたになるまで石膏を入れる。

私は、水?ccに対して石膏?gという風に計測するもんだと思っていたから
石膏と水は同量だからと、いちいち測っていなくてビックリ!
驚いてると、先生が手で混ぜてる。これだと石膏の状態が分かりやすいと。
驚き通り越して、尊敬。
粉末の石膏が溶けて、表面に混ぜた手の線が見える状態で流し込み。

そんなんで、猫頭、半分だけ石膏を流し込みました。

| | コメント (0)

クイズ答え

Img_0548_1 答え  

簡単でしたね

昔、倉庫の屋根をブチ抜いてケガしたオス猫がいました。
肥えてるから、大丈夫かな?ちょっと心配

| | コメント (0)

クイズ

Img_0544_1 ←倉庫の上、謎の物体

  これ、なーんだ?

| | コメント (0)

2006年6月24日 (土)

おねしょ

Img_0167 布団の上で色塗ってたら、こぼしてしまった。

こそこそ洗面台で洗ってたら、母に見つかる。
「猫がおねしょして・・・」
んな訳ねーだろ!と怒られた

| | コメント (0)

新「猫人形」制作14

060617_1435001 パステルで書いた線は触ると消えてしまう。
だから油性マジックでなぞる。
マジック線の下半分を油粘土で埋めて、型から取り出しやすいよう、注ぎ込む口を、円すいに作る。

回りの壁は、油粘土で作っても良かったけれど
人形教室にコーティングした(石膏がつかない)板があるので、適当に4枚えらび、壁を作った。

これが、正面の向かい合う部分は、同じ大きさじゃないとダメと言われ、適当はイカンと、板を選びなおす。

これで、板をクランプで固定して、次に石膏が登場!

画像、猫の古墳?と教室でみんな大爆笑

| | コメント (0)

2006年6月23日 (金)

猫村さん

きょうの猫村さん Book きょうの猫村さん

著者:ほし よりこ
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑猫好きなら、もう見ていると思う。見ました。1巻・2巻とも

あんなに働き猫なのに、どうしてぽっちゃり体型なんだろう?

| | コメント (0)

ブログ開始一ヶ月

ブログを始めてから、一ヶ月になりました。
一ヶ月記念(なのか?)にトラックバックを受けつけなくしました

Hなブログを送ろうとした人、残念でした。

人間はスグ、しわくちゃジジイ・ババアになる。
見た目が若くとも、ある程度の年齢だと無視される。低年齢が持て囃される
相手にされている今のうちに、どんどん楽しめばいい
(私に無関係の所でな)

| | コメント (0)

2006年6月22日 (木)

小魚の食べ方

Img_0510 ←さすらい生活(野良時代)が長かったせいか
キャットフードよりも、魚が好き

小さい魚をあげると、いつもを残す
ごはん場に、めざし・ししゃもの頭と尾だけ残っている(笑)

Img_0514 残すだろうと最初から頭・尾を除いたいわしをあげた

←綺麗に骨だけ残した(笑)

| | コメント (0)

新「猫人形」制作13

060617_1408001 調子にのって多量のワックスを塗ったせいか、乾かない!

ようやく乾いたら、ドーナツ状にした油粘土の上に、水平に置いて分割線を書く。

分割線抜けやすく更に一番でっぱっている所に書く
というけれど、分からない。
だから、先生にお任せ(悪いなぁ)


先生が、ここに書くと、2つに折った
ハガキを用意(何が始まるんだ?わくわく)
ハガキの折り山に、黒の
パステルをこすり付けて、それを猫頭に直角に当てて一回りさせると、でっぱった所に線が書けてる。
ほほう、こういうふうに書くんだと感心する。
(でも、割るのをどの位置にしたらいいか、分からないんだけどね)

| | コメント (0)

2006年6月21日 (水)

嫌がらせ

Img_0516 縁側が古くなってきた
新品を買おうかと考えたけど、処分するのが大変。
なので
ペンキを塗って、まだ使うか っと思うと
こんな事をする。
嫌がらせか?

| | コメント (0)

新「猫人形」制作12

ヤスリがけ 粉だらけの雑巾を洗うのが大変・・・
って、濡らした新聞紙の上でやり、終わればゴミ箱にってすれば良い

水を張った洗面器の上でやる
↑うーん、なんてアホなコトを、しているんだ!

060617_1357001 ヤスリが終わったら、全体が出来ているので次に、体がゴムで動くように、頭にフック、腕・脚・尾に針金を埋める
しかし
量産しようと型を取るので、今回、針金はしません。
まず、型取りを頭から始める
型取り材が剥離するよう剥離材をぬった所
 妙に光ってます。ボディビルダー猫?

型取り材は、種類がいろいろあります。(石膏・シリコン・ウレタンなど)
今回、値段が安く、入手しやすく、扱いやすい石膏を使います

剥離材も、いろいろあります。(シリコンスプレーとか)
人形教室では、床用ワックス(商品名リンレイオール)を使っています
(リンレイブルーの方が強力というけれど、私はお店で売られているのを見たことがない)

石膏が剥離するよう、筆でワックスを塗る。表面が乾いたら、ワックスを塗る。というのをして、ワックスを3回ぬります。

忘れてました。
ワックスを塗る前に、開いている穴をふさぐ作業を
猫頭の内部に詰め物(ティッシュ)をして、穴の表面に油粘土でフタをする。
これをしないと、石膏が内部に入って、型が抜けなくなる所でした。

| | コメント (0)

2006年6月20日 (火)

D・I・Y 網戸

Img_0483 ああっ!網戸が

引き戸を開けられる。本当は網戸だって簡単に開けられる
しかしウチの猫の常識は
網戸は開けるモノではなく破くモノ

猫、出入り自由、虫だって自由だ。どうすんだコレ?

家の修繕(壁・障子・襖・網戸)に忙しく、人形制作まで手が回らない
猫手をかりる?
よけい壊されるだけか・・・

| | コメント (0)

言葉に出来ない

カードの明細書が届いた
AMAZON.CO.USで買った洋書が?円と注目
に、2万318円ですと!!

なんてこったい、せいぜい高くても1万円くらいだと思っていたのに
美術書って高い・・・

ものすごくゴツイ本なので、豆腐の角に頭ぶつけて死にはしないけど、この本の角に頭ぶつけたら、死ぬかも。
それ以前に、値段で死にそう・・・

1ドルって、何円なんだ?
本1冊で¥20318って、その価格なに?おかしいって(怒)

| | コメント (0)

2006年6月19日 (月)

D・I・Y 襖

Img_0507 ああ、襖が!

母がせっせと爪あとに花を貼っていたけど

花満開・・・

←ええっと、ネッシー(現実逃避中)

| | コメント (0)

新「猫人形」制作11

私はヤスリがけをするのに、マスクをして(粉は体に悪い)光に当てる(でこぼこ面に影が出来て分かりやすい)
最初、オニメをかけます。(おもしろい程、削れるので注意)
次に、オニメのギザギザを#80の紙ヤスリで消して
固く絞ったタオルで擦る
Img_0509そうすると、磁器のような質感になります

オニメ紙やすりと、スポンジヤスリ2種類
スポンジの右下が変に欠けているのは、猫にかじられたから・・・

磁器状態に仕上げると、本塗りでパステルを使った場合、(色がのらなくて)使えませんそれに、下地を3回塗るので、このとき多少のデコボコは消えます。
だから、磁器状態に仕上げる必要はありません(ヤスリがけ好きなもんで・・・)

ヤスリがけはが問題(吸うと体に悪いし)
飛んだ粉を吸わないよう、大きい袋の中でかけ、終わったら袋ごと処分したり、濡れた雑巾の上でやったりしました。
しかし、袋の中だとデコボコが分かりにくくて、×
雑巾の場合は、確かに飛ばないけど、粉だらけの雑巾を洗うのが大変・・・
で、究極の方法
水を張った洗面器の上でやる
後片付けは、粉まみれの水を外に捨てるだけ!
気を緩めると、水の中に落ちるという緊張感がたまりません(変)

| | コメント (0)

2006年6月18日 (日)

今日は「父の日」

Img_0502 ちょい不良(わる)オヤジになりたい・・・
そう、父が言っているので

←不良そうなシャツ買いました

(不良の)意味ちがうから!と怒られた

| | コメント (0)

D・I・Y 障子

Img_0473 ああ、障子が!

激しく破けてる

どうやったら、こんな大穴あくかな(怒)
って頭突き!(ガラス越しに鳥の気配がしたらしい)

外の景色が思いっきり見えているけど、見なかったことにしたい
Img_0055
←犯猫

| | コメント (2)

新「猫人形」制作10

Img_0494 仮組みをして、全体をCHECK!
すると
しっぽの関節の受けを作っていないのに気付く

頭(6/15参照)と同じように
体に開けた穴(6/14へそと間違えた穴さ)の回りに、やわらかめの粘土をつけて、水で濡らした球部分を、グリグリ押し付け、はみでた余分な粘土を除く。

これで形が完成
次に仕上げに全部ヤスリをかけます

ヤスリ粗目→細目の順番でやります
粗いので、でこぼこ面を平らにし、細いので仕上げる。
最初から細いのでやると、いつまでたっても平らにならないので意味ないです
さて、地道なヤスリ作業をやりますか(けっこー好きです)

| | コメント (0)

2006年6月17日 (土)

D・I・Y 壁

Img_0491 ああ、壁が!

猫が4匹いると、それぞれが、なわばりを主張する
体中を思いっきり伸ばして
ここ、こんなに大きな猫いまっせ
びびって他の奴は、くるな!
と言っているけど、位置、低い・・・

あんたら、寸詰りで手足、太短だから、限界でも、この高さなんだな・・・そう思うと黙って壁の補修をするしかない・・・

| | コメント (1)

新「猫人形」制作9

Img_0488 脚・腕に、高さ1cmの差込口を作りました。

←左下を注目

体に開けた穴と、差込口が一致するか、仮組みする
組んでみると、接する面がでこぼこで、スキマがある
へこみに粘土を足して、平らにし、スキマをなくす。

軟らかい粘土の塊を平らにするには、(ピンと張っていれば何でもOK)を使うと綺麗に出来ます。(陶芸で、やっている所を見かけませんか?)

乾燥した粘土を平らにするには、足した粘土を幅広の定規で押し付けます。こうすると、けっこう平らになります。その後、粗いヤスリをかけて、平らになるよう修正していきます。
とにかく、地道な作業です・・・

| | コメント (0)

2006年6月16日 (金)

一発ギャグ

Img_0460 ← 一発ギャグ 

すまん、具合悪くて、猫んでまして(あ、間違えた)
寝込んでまして・・・

つまらんギャグにより、一気に寒くなったけど、私は熱があって、暑いです。

| | コメント (2)

新「猫人形」制作8

Img_0476 頭の関節が完成したので、腕と脚にいく。
見栄えを良くするのに、ちゃんとに円を描いた。
これで、体と腕と脚にスキマなく、はまるようになる(ハズ)

「どんぶり」と言われる程、適当なのに正確にするとは珍しい。
ちなみに「どかん」と言われる位、鈍感でもある。
これって人間として、どうなのだろう?と考えてしまい、調子悪いのが、よけい悪化する(変な所を気にして悩む)

| | コメント (0)

2006年6月15日 (木)

具合わるい

Img_0465 具合わるいと、猫がそばに居てくれる
というのは良く聞くコト。

ものすごく調子悪いんですが、いない
猫はドコ?

←寝ててフト目を覚ました時、こーゆー風景があるのと、ないのとじゃ、エライ違いなのに。
母が言うには、熱あって、暑くて寄らないんでしょ!だって、そんな薄情な・・・

| | コメント (0)

新「猫人形」制作7

仮組みして全体を見ると、統一感がなく、バランス悪い
というのは良くあるコト。

今回は特に、もったいないと前の猫人形を修正して使ったので、最初から関節部分が切り離されてバラバラ状態だったので、統一感が分かりにくかった。

本来、形が出来てから、切り離しをするから、順番を思いっきり無視。さらに、修正箇所が多くて、これなら一から作ったほうが楽だったかも?

とにかく短かった腕と首を直し、頭の輪郭を修正して、首の球も復活させました。
これで、首・頭の位置が決まったので、関節を受ける部分を作る。
Img_0474頭の切り口の内側に、やわらかめの粘土をつけて、水で濡らした球部分に、グリグリ押し付け、はみでた余分な粘土を除く。
←粘土つけすぎ
(余分なのが多くてエリザベスカラーみたい)

| | コメント (0)

2006年6月14日 (水)

写真は難しい

Img_0404猫の写真は、難しい(動きが早いから)

何か注意を向けて止まった瞬間を撮ればいい
で、撮ってみました。

カメラのストラップで動きが止まった瞬間にパチリ

遊びに夢中になりすぎて、こわっ!
なんて悪そうな面構え・・・やっぱり、写真って難しい

| | コメント (0)

新「猫人形」制作6

ここらで全体を見てみようと、頭・腕・脚と仮組み

すると、首が短すぎて、頭めりこんでるー。
(おもしろすぎて、公開できない)
これはマズイと、あわてて粘土を足してしまい、何の為に、球体を使っているのか疑問状態に・・・
案の定、人形教室の先生ダメ出し
脇、隙間だらけだし、これだと頭、動かないよ。
(球体では、ないので)

えらく狼狽。思わず体の前後を間違えてしまう位に。

首の球を、あーでもない、こーでもないと直しながらフト見ると、へそがある。
何で?
しっぽ用の穴だった。前後、間違えてた。

ものスゴイ失敗の連続により、逆に冷静になりました。
今度からは、ちゃんとなる(ハズ?)

| | コメント (0)

2006年6月13日 (火)

招き猫が呼ぶモノ

Img_0182 猫人形の腕を、挙げた
(今度は間違えずに右をね)

何が招かれるかな、と期待する。

猫が招くモノは・・・猫?
これが招き猫効果なのか?

それとも、ウチの猫は避妊手術済といっても、4匹メスだから、ウチの猫めあてに
オス猫がきたのか?
とにかく、ウチの(気が強い)がケンカするので、しっしっと、手で追い払ったら
そんな態度、誰もとったことないのに、ひどい
という感じに逆ギレ
飼い主、甘やかしすぎだ!
と、私もキレル。

招き猫効果は、いつ分かるのか?

| | コメント (0)

新「猫人形」制作5

不安適中!短かすぎた

Img_0434 これは、最初から短い腕なので、腕が頭にぶつからない為には・・・
頭のぶつかる部分を削るべきだった。

なので、頭の形(輪郭)を修正
左右が対称になるよう線を書いてます。

左右対称って、難しい!
定規を使って縦と横に線を書き、マス目を作ると、対称が分かりやすいです。
しかし、鉛筆だらけになって分かりにくいし、触ると手も黒くなるのが弱点
透明な下敷きに、マス目を書いて(デッサン用品で、そういうのもある)あてれば、弱点は克服。
でも、私の場合、直接書かないとダメなんです。

ここで注意するのが、鉛筆を使う!
油性で書くと、塗装で仕上げても浮かび上がり、うっすらと見えます。
(今度、呪いの文字みたいに、わざとやってみようかな。)

そんなんで、頭を修正し、せっかく短くした腕も、また粘土を足して、やり直し。
やっぱり、順調すぎて、おかしいと思った。

のは、正しかった。と、いうのも・・・つづく

| | コメント (0)

2006年6月12日 (月)

新「猫人形」制作4

Img_0459 珍しく、順調に進んでいる

勢いに乗ったまま挙げた腕が頭にぶつかるを改善

安易に、腕を短くした。
ちょっと、短すぎ?と不安に思いながらも、両腕の形を整え、はいOK!

とは、ならなかった・・・つづく

| | コメント (0)

作業風景

Img_0452人形制作は、どうなっているのか?
現在の作業風景を、チョイ紹介。

今は、貧乏粘土を作るのに、粘土もみもみ

ついでに、猫の腹も、もみもみ
(こんな風で、作業、進んでないんです)

| | コメント (0)

2006年6月11日 (日)

猫集合

Img_0462 ウチの猫は、仲が悪いので全猫集合写真が撮れない。

やっとの事で撮ったけど、フラッシュを忘れた。

←4匹のビミョーな位置

私の理想は川の字で寝ている姿
理想は遠い・・・

| | コメント (0)

勘違い

私の中で、人形を作っている人は、美術関係の経歴をもっているか、ダークなエピソードを抱えているものと、思っていた。
で、自分は人形を作っているから、何か当てはまるものがないか考えてみた。

まず、経歴
~美大卒など、芸術に関係する事柄なし。
次、エピソード
あんな、きっつい作品を作ってるんだから、病院に通院してる、リストカット趣味、オーバーズドロップしちゃったなど、何か持ってるだろう!白状しろ、と期待されても、何もない。

いやー、何か1つ位はあるだろう、と改めて過去を振り返るが、何も思い浮かばない。(つまらない人ね)
という事は、エピソードを自分で作るかと考え、知人に相談。
出た答えはアングラ劇団員なんてのは、どう?
人形を作っているアングラ劇団員(どこかで聞いたような?)
アングラって何なんだろう、と思いながら、一応どうすれば、なれるのか質問すると、オーディションを受ければ可能との事。
意外と普通なんだ、と思ったら「はい、君、石になって」とか言われるらしい。(普通じゃなかった)

そんなこんなで、人形を作っている本人なんて関係ないだろ。作品第一だろ。
私は、人形作品ではなく、人形を作っている人に重点を置いているではないか。作品を評価してもらえば良い訳で、作者自体(経歴・エピソードなんて)関係ない。と気付いた。

経歴・エピソードを作ろうとがんばらず、良い作品を作るよう、腕を磨きます。

| | コメント (0)

2006年6月10日 (土)

ポルターガイスト

Img_0298 電気が勝手につく
上から物が落ちてくる
扉が勝手に開く・・・など

俗にいうポルターガイスト現象が頻繁に起こる。

ポルターガイスト、騒がしい霊が原因と言うけれど
うちのは、猫4匹が原因。おとなしく、寝ていて下さい。

| | コメント (2)

招き効果は10円?

今日も、せっせと貧乏粘土を作っている時、思わず
「最近、新品の粘土に触れてないな」とつぶやいたら
母に聞こえていて、「あんた、それ、いくらするの?」
定価400円と答えると
400円、あげるから、新しいのを買いなさい。

その位、お金あるさ。本気で泣きたくなった。

こうなったら、右手を挙げた招き猫は、金運を招くというから、猫人形の手を、いっせいに挙げてみた
駅前で10円が落ちていたので、これは、招き猫のおかげ?と即効ひろって
わーい、10円ひろったー、喜んでいると
周囲の人の視線が冷たい・・・

何となく落ち込みながら、招き効果10円ってどうよ?
猫人形を見ると、左手を挙げていた。挙げる手、間違えた。
こんな私に、招福万来は、訪れるのか?

| | コメント (2)

定員オーバー

Img_0188 苦しい
起きると、胸の上でハコ座りしている猫と目が合う。
思わず目をそらすと、枕元にもう一匹。
足元に、左右で一匹づつ。
シングルベッドに計4匹集合。
せめて2匹にして下さい(それでも多いか・・・)

| | コメント (0)

2006年6月 9日 (金)

トケイソウの花

Img_0058 私が人形教室(ドールスペース・ピグマリオン)に入った年(2004年)の丁度いま位に咲いていました。

思い入れの強い花だったので、花屋で売っているのを見て、即購入。庭に植えて楽しんでいた(のは私だけで)庭の世話をしてる母が気味悪がって、抜いてしまった。

うーむ、一つならまだしも、何個も咲いてる姿は、確かに怖かった。
みんな同じ形に咲くんだから、型を作っては失敗して、同じのが作れない私としては、うらやましい限りです。

| | コメント (0)

新「猫人形」制作3

今日は「関節部分の見栄えを良く」を改善します。

昨日つくった首の関節は、球体を使っていました。
最初(成猫)は、首・腕・脚・尾と、全部球体を使っていました。しかし、腕・脚に球を使うと、予想以上に太くなってしまうので
今回の猫は腕・脚部分はを使います。

060604_1241001 なので、昨日は発砲スチロール球を用意しましたが
今日はコンパスを用意

腕・脚の円を紙に描き、ハサミで切り取って型紙にする。
これを、腕・脚の体に付ける部分にあてて、正確な大きさに

というのをしようとしたけど、色々な円のテンプレートがあったので(何で持ってるんだろう?)型紙を作らずに、直接、テンプレートで大きさを確認してしまいました。
画像は、脚(腿?)の大きさを確認しているところです。

| | コメント (0)

2006年6月 8日 (木)

新「猫人形」制作2

前回、尾が大きい、を改善したので、今度は首が長すぎるを直す。
060604_2049001 まず新しい首の位置を決める。
そして、のこぎりで余分な部分を切る。
ここに、首の関節を作るので、切り口を測り、サイズが合う球を捜す。測ると、径6cmだったので、そのまま6cmの発砲スチロール球(フラワーや、ディスプレイ売り場に売っている)を用意し、合わせていると
回りを粘土で包むのに、切り口と同じ大きさで、どうする!と失敗(アホである)

粘土の厚さは、普通(ラドールやアーチスタフォルモなど)5mm
木のネンドを混ぜたのは、3mm以上必要なのを、すっかり忘れてた
(おいおい、こんなんで大丈夫なのか?)

なので、改めて一回り小さい球を用意し、回りを粘土で包んで切り口に入れ、乾いた後に、頭をあてて、形と動きの様子を見る。
(粘土は乾くと収縮するので、乾かない内に合わせると、大きさが変わり、合わなくなる)

| | コメント (0)

乾燥あれこれ4

何だかんだ言って続いている「乾燥あれこれ」

温度150℃以内(低温の部類に入ると思う)で足を乾燥させたら(天日干し派じゃ、ないんかい!)

つけ爪が変形した。片足、全部やり直しに。
そういえば、ファンヒーターの熱風で乾かしている時も、変形したような・・・
爪は、見た目が変わらなかったので、激安のを使ってしまったら、温度に耐えられなかった。こんなことなら、オーブン粘土で自作か、高いつけ爪を使うべきだった。うぅ、貧乏って悲しい。

機械を使って乾燥させる時は変形(変貌?)に注意しましょう。

片足全部、爪を張り直すか、いっそのコト、残った片足を全部はがして爪なしにしてしまうか、多いに悩む。どうしましょう?

| | コメント (0)

2006年6月 7日 (水)

衝撃を受ける

Img_0300_1 どうも、猫人形が上手く作れない。
こういう時は参考資料を見るかっと、猫の本を見まくった。

その結果、ウチで一番のチビが最近どんどん大きくなり、体は小さいほうが可愛いのに、どうなってるんだい?と不思議になってたら、父猫と思われるのがメインクーンっぽい。これが父猫で、メインクーンの血が混じってるなら・・・うぅ、考えたくない。ただの育ち盛りだよね?

そーんなチョイ衝撃を受けていたら、今までジャパニーズボブテイルだと思っていた「パンダ」ちゃんが、本当にジャパボブ?と疑問に思えてきた。
本で見るジャパボブは、四肢がほっそりと長め。あれ?太くて短いんだけど。ロングと言える程、毛は長くないし、これって、マンクス?
まあ、可愛いから、なんでもいいや。

| | コメント (2)

ミニ人形-足

ある程度、頭が出来たら、手と足を作ります。
手は面倒なので、やりたくないなと先に足を作る。

060606_1022001 なぜ頭の後に作るのかというと、頭の大きさとバランスを合わせるから
足の場合、頭と同じ位の大きさです
顔を踏んでるよ。という感じで合わせます。

足は大きい場合、発砲スチロールの芯材に針金を刺して、指を一本一本、離れた状態で作ります。
しかし、これは小さいので(何回いえば気が済むんだ?)
ただ粘土を足の形にし、指先に溝を彫って、5本、指があると思わせる。

簡単。でも、ちゃんと足に見えるから不思議
一本一本離すと、中に針金を入れてもれやすいので、粘土だけで作る足で十分です。

| | コメント (0)

2006年6月 6日 (火)

猫の習性

Img_0446 箱を見ると、入りたくなるのが猫

穴を見ると、入りたくなるのが私
(恥の多い人生を送っているものでして・・・)

| | コメント (0)

ミニ人形-顔

人形で大切な頭(顔?)を作ります。

は、人間もそうですが、が重要です。
眼球は、アクリルやガラスなど色々と市販されてます。
大きい人形を作る時、私は大体、ガラスの半球を使って、自作します。
(手間はかかるが、吹きガラス眼球に比べ、値段1/10で済みます)

しかし、今回のミニ人形は小さいので、さすがに自作する気がしない。

なので、筆で描くことにしました
筆で描く?うーん思わず、おめめキラキラのアニメ顔を想像してしまった。

マイフォトの人形に掲載してる「妖精」も、眼は筆で描いているので、へのへのもへじ顔とかには、ならないと思うものの、どうなるかな?

| | コメント (0)

乾燥あれこれ3

Img_0451 5/31の乾燥方法 電子レンジ

ものすごく嫌がってたけど、別に普通でしょ?
と不思議がられ、そう言われると確かに普通かも?

しかし、画像状態で、良いのか!

猟奇・倒錯・犯罪・・・ものすごい罪悪感を感じる。
精神上、悪そうなので、天日干しにします。

| | コメント (0)

2006年6月 5日 (月)

貧乏粘土

アマゾンで(国内のみならず、洋書直輸入までやらかし)本を買いすぎ金がない

こうなったら、とっておきの粘土を使う。
それは・・・

集めておいた粘土くずに、水を加えて再利用

造形する時に、大量に出る粘土くず。これを丈夫な袋に集めておき、適当に水を加えて時間をおくと、立派な粘土になります。
これに使う粘土くずは、金づちで砕いて粉末にした状態が良いらしいケド
石の粉は体に悪い。砕くの面倒だし、丁寧に揉めば、大丈夫

でも、貧乏すぎると、落ち込みます・・・

| | コメント (0)

2006年6月 4日 (日)

正しき「猫」の姿

Img_0444 屋根に3匹の猫

猫の姿として正解と言いたくなります。

でも、3匹のビミョーに離れた距離が、気になる。
本当は、仲が悪いんでしょ?

| | コメント (0)

正しくない「めがみ」の姿

アマゾンjpで、本を買いました。
内容が満足できず、調べたらアマゾンusで、違う本を扱っている。こっちの方が良さそうだけど、もう買ってしまったし、お金ないし、どうしようと思ったら
在庫1冊のみ。注文は即効で!と書いてあるようだ
(英語チンプンカンプンなので、多分こんなだと思う)
もう、じっとしていられなくて、やり方は日本版と同じなんだろうと(勝手に)解釈し何となく注文してしまった。
1ドルって、何円なんだろう?注文は出来たんだろうか?と、色々不安に思っていたら、発送案内の通知がきた。ほっとするのもつかの間
お届け予定日7/3(えっ、1ヵ月後?)
さらに、カリフォルニアの法律で没収されるかもね!って、言ってるようだ。
本の内容が分からないので何ともいえないけれど、没収されるかも・・・

もう、欲しいんだか何だか分からなくなってきた。キャンセルするべき?

| | コメント (0)

2006年6月 3日 (土)

新「猫人形」制作1

060602_1642001 以前、作り途中だった猫人形を使わないのは
MOTTAINAI
ケニアのノーベル賞受賞のマータイさんも言ってることだし(関係ないって?)一から作り直しじゃなく、途中のをアレンジして作ります。

まず、前の仔猫で尾が大きいのが気になっていたので、ミニのこぎりで切り、手っ取り早く小さくしました。

一本はミニのこぎりを持っていると便利です。

私は浅草橋(人形問屋街)の刃物店で買いました。
それで、買う時に悩むのが 値 段

なるべく高いのを選べば良いかと思うけれど、刃物は一般的に研ぎが効くから高い
研がないなら、安いので十分です。
粘土に使うだけなら、安いのを切れなくなるまで使って、頻繁に新しいのに変える方が良いです。
のこぎりの場合、研ぎは、刃先を一本一本とぐので、自分でそんなの出来ない(店でも嫌がられる)から、使い捨てと考えます。だから、値段は安いのを選んで大丈夫です。しかし、刃先を一番使うので、なるべく先が尖っている形状を確認することをオススメします。

| | コメント (0)

いつも服は毛だらけ

Img_0438 外出するのに着替えるか、と洋服棚を見ると
モコモコの毛皮発見!
これ着て出かけますか。なんてね。

いやに鳥が鳴いているので、うちの猫が何かしている?
2階の窓から外を見ると
目の前で、鳥同士がバトル!
ぶつかりあってて、びっくりしたー。でも、うちの猫が無関係で良かった。と安心してたら、横で黒シマも見てた。全然気が付かなかったから、これまたビックリ。
いつのまに?

| | コメント (0)

2006年6月 2日 (金)

ミニ人形-体

Img_0431 昨日ヤル気なくしてましたが始めてしまったので、とりあえず続けます。

のっぺらぼう状態で本当に出来るのか?と不安を抱きながら図面と大きさを比較し、自分の理想形になるよう作ります。
人間の体を分かっているようで実際に作ると、あやふやなもの。私は

Anatomy for the Artist Book Anatomy for the Artist

著者:Sarah Simblet,John Davis
販売元:Dk Pub (T)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

という本を参考にしてます。
そういうのを見ながら、ほーら体が出来てきた。

| | コメント (0)

新「猫人形」開始

5/28に近日公開と宣言しただけだった猫人形
ついに制作開始です。

まず作るにあたり
・首が長すぎる
・挙げた腕が頭にぶつかる
・尾が大きい(私の好みじゃないので)
・関節部分の見栄えを良く

上記の点を改善するぞ!

Img_0432 作る予定は仔猫 仔猫は頭が大きい。頭が大きいと招きポーズで腕がぶつかる。ぶつからないようにするには?など考えながら図面を描く。

本来図面方眼用紙に横と正面図を描き、更に関節部分の球を真円で描き込むものを言います
なので、私のは図面なんて言えるもんじゃないです。でも、平面で考えても分からないんだよぉ。と、いう事で作ってしまう(いい加減な・・・)
前に作った仔猫の途中があったので、もったいないから使えないかな?

| | コメント (0)

手が2本じゃ足りない

そういえば、ウチの猫を紹介していない(笑)
遅くなりましたが、猫人形のモデルになったパンダちゃんに、母親のまりちゃんこと長老。それに黒シマのあゆに茶シマのポンコで、4匹おります。
特に、シマ2匹は仲良く悪さばかりするのでシマーズと呼び、警戒しています。

060602_0836001_1 今日は、黒シマが母のカーネーション(母の日の贈り物)の葉を食べてしまってゲーゲー吐き、茶シマは、干しておいた猫トイレで寝てました。寝られないよう斜めにしておいたのに。
やられました(苦笑)

今、抜け毛がスゴイので、こまめにブラッシングをするものの、4匹いると両手にブラシを持っても無理。むぅ、仕方ないので今度は足でも使うか(絶対に人に見せられない姿だー)

| | コメント (0)

2006年6月 1日 (木)

ミニ人形-芯材

Photo_4 5/27ミニ人形(全長16cm予定)のつづきです。
前回、いきなりスチロールとチューブに粘土を巻き、乾燥まち、と言ったけれど、粘土を巻く前は
←こんな状態

これに粘土(アーチスタフォルモ)適度な水を加え、厚さが均一になるよう巻きます。
私は最初、水を使うのを知らず粘土だけでやってました。粘土は馴染まないし、ひび割れもスゴイ。何てやりにくいんだ!と一人びびっていた。
こんな風にならないよう水を忘れるなって、そんなの常識?言わなくても分かる?

これが昨日5/31画像の前の補足でした。

話が前後になって分かりにくい?

言い訳だけど私も最初は、これを見て実際に作る人がいるかも?作れるよう丁寧にしようと考えていました。しかし、人形制作経験者は小さくて作らない。未経験者は、小さすぎて作れない。そんな意見が多数あって、そうか、作らないのか、と思ったとたん、やる気なくしました。

開始したばかりで、もう挫折。しかも、タイトル猫人形で、猫はどうした?

次回、猫人形なのか、ミニ人形になるか、それとも全く関係ないのになるか、本人も分からん。

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »